So-net無料ブログ作成

<鳩山首相>朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日午前、高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すかどうかについて「文部科学省を中心に検討している。まだ結論が出ている話ではない」と記者団に語った。25日夜には「その方向性になりそうだと聞いている」と述べたが、26日は「(朝鮮学校の)授業内容が一つの検討材料になることは間違いない。国交がない国の教科内容を果たして私どもが検討できるかということがある」と慎重に検討する考えを示した。

 平野博文官房長官も26日の記者会見で「法律を出している以上、今から(対象から)外すなんてことは言うべきでないし、そういうことを首相はおっしゃったわけでない」と25日の首相発言を修正。「首相の考えは考えとしてあっても、第一義的には文科相が省令で決める」と語った。

 中井洽拉致問題担当相は北朝鮮による拉致問題を理由に朝鮮学校を対象外とするよう主張しているが、首相は「拉致問題とかかわりのある話ではない」と指摘。平野氏も「拉致問題が(判断基準に)入ることはあり得ない」と述べた。

 中井氏は26日の会見で「閣議後に(首相に)ご声援ありがとうございますと申し上げた」と期待感を示し「(朝鮮学校は)拉致問題に絡んで制裁措置をやっている国の国民ですから」と拉致問題を考慮する必要性を強調。川端達夫文科相は「(首相は)いろんな意見があるという認識を示されたんだと思っている。私の立場としては、客観的に決められるよう検討しているところで、国会の議論も踏まえながら最終的に省令で決めたい」と述べるにとどめた。【本橋和夫、長野宏美、竹地広憲】

【関連ニュース】
鳩山首相:ハーグ条約 批准準備に意欲示す
高校無償化:「朝鮮学校、対象外の方向」首相が言及
トヨタ:米公聴会への社長出席「真摯に対応を」…鳩山首相
鳩山首相:公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応
鳩山首相:トラック運転手が表敬訪問

西尾裕
日航CEOの稲盛氏が内閣特別顧問に就任へ(産経新聞)
普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整(読売新聞)
チリ地震 日本人1200人が在住(毎日新聞)
津波「避難」対象者、実際に避難は6・2%(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。